企業情報 / KYCの海外展開

International Business
KYCの海外展開

現地サービスのワンストッププロバイダーとして

成長著しいアジア市場で製品の海外製造、品質管理から販売、サービス事業まで幅広いサービスを現地で提供できる数少ないインフラ事業サポートのプロバイダーとして今後も発展していきます。
 

建設機械の輸出実績

KYCは1968年以来、アジア、中近東、アフリカ等の各国向けに生コンクリート生産プラント、骨材生産プラント、ミキサ等の建設機械を輸出。 プラントの海外納入実績は延べ900基を超え、政府開発援助プロジェクトも含めた橋梁、道路、ダム等のインフラ整備に貢献しています。

  • Algeria HBH60-6B
    Algeria HBH60-6B
  • Dubai HBH150-B
    Dubai HBH150-B
  • Vietnam HBH90-3B
    Vietnam HBH90-3B

海外生産体制と品質管理体制

インド・中国・マレーシア等の海外プラント・ミキサメーカーとの技術提携も行っており、アジア市場に合った価格での信頼性のある建設機械の供給を実現しています。


2011年に中華人民共和国、蘇州市に提携工場の品質管理を行う現地子会社光洋機械(蘇州)有限公司を設立。中国で生産し他国へ輸出する製品の品質管理体制を確立しました。


また、2015年には仮設製品の生産拡充の為、ベトナムにKYCベトナム工場を設立。マザーファクトリーである西脇工場の生産技術、設計ノウハウを共有、最新の生産設備を備え次世代足場Iqシステムなど高付加価値製品の生産体制を確立しました。

  • 車載型小型コンクリートプラント
    KYCベトナム工場
  • エレベータ内メンテナンス用機械式昇降機
    アジア向け次世代足場
    TMシステム
  • 建設現場用エレベータ
    KYCベトナム工場内部

アジアでの販売拠点の拡充と新規分野への展開

1980年に設立したシンガポールの販売法人KMI社を始めに、台湾、中国、韓国、ベトナムとこれまでアジアを中心に販売拠点を拡充してきました。


最近ではシンガポール及びフィリピンでは積極的な投資により新たに仮設サービス事業を展開しています。


2016年にはシンガポールにて石油精製・医療・化学品業界向け仮設架け払い事業を行う地場企業を傘下に。KYCスカフォールディング及びKYCエンジニアサービスを設立し、更に地域統括会社としてKYCアジアを設立しました。


また、同年フィリピン共和国における仮設レンタル事業進出の為、大手総合建設会社EEI社の子会社イクイップメント・エンジニアーズ社および三信産業株式会社をパートナーとした合弁会社JPシステムズアジアを設立しています。

  • KYC Scaffoldingでのトレーニング
    KYC Scaffoldingでのトレーニング
  • JP Systems Asia 開所式
    JP Systems Asia 開所式
  • マニラ市高速道路プロジェクトの支保工OKサポート
    マニラ市高速道路プロジェクトの支保工OKサポート