$cat
recruit
求人・採用 Recruit

先輩の声

DSC08305

新入社員研修 [半年間]

(入社年:2019年)
新入社員に入社する前や入社してからのイメージ、研修について聞いてみました♪
ぜひ、見てくださいね!!
HP2●IMG_0232

吉良 建次郎

甲南大学 法学部 卒(入社年:2019年)
私が企業を選ぶ上で重視していたポイントとしては「やりがいのある仕事ができそうか」でした。そういった点で、KYCは目に見えて形のある製品を世の中に届けているといった点や、また実際に自分の携わった仕事で道路が整備され建築物がつくられるといった点でも仕事をする価値を十分に見いだせるのではないかと感じていました。入社後は、良い人の多い会社だなと感じていて、研修の中でもわからないことを気軽に聞ける雰囲気があり、仕事がしやすい環境だと感じています。研修も6ヶ月間じっくりと教育の場が設けられている部分も良かったです。ものづくりメーカーに入社して右も左も分からない素人でも、しっかりした工場の研修などを通して力が付き、色々と資格取得もできて、光洋機械産業を選んで正解だったと思います。
HP3●IMG_0237

田 祺玉

兵庫県立大学大学院 経営研究科 卒(入社年:2019年)
私が光洋機械産業に出会った時の印象は、優しい先輩や同期と一緒にメーカーとしての製品情報を勉強しながら日本国内だけではなく、海外でも活躍できるフィールドがあると感じました。穏やかな雰囲気のなかで、わからないことがあったらすぐに先輩社員が丁寧に教えてくれます。やってみたいことがあったらチャンスもいっぱいあり、社会に貢献しながら個人成長もできる魅力的なメーカーだと感じました。半年間の研修の中では、社長室という部門から工場現場まで、たくさんの経験をしています。工場研修では、入寮しましたがとてもきれいな部屋で良かったです。寮生でパーティーなども開いてエンジョイしながらワーク・ライフ・バランスを取れています。
HP4●IMG_0229

中谷 友彦

立命館大学 政策科学部 卒(入社年:2019年)
就職活動では、BtoBメーカー中心で探していました。光洋機械産業の説明会に参加して生コンプラント・足場のメーカーでまちづくりや建物、インフラを支えているメーカーというイメージを持ちました。就職活動中にも製品の看板を見つけたりして技術力のある会社だなと感じました。入社後もイメージ通りでうれしい誤算でした。社内の雰囲気も暖かく、しっかりとした半年間の研修を受けています。研修中にプラントを実際に見る機会もありましたが、印象通り1件1件が大きく、地図に残ることもあるやりがいある仕事だと感じています。
DSC08307

藤原 瑠美菜

兵庫県立社高等学校 卒(入社年:2019年)
私は、入社する前に訪れた工場見学の際に、明るい雰囲気で活き活きと働いておられる社員さんの姿が印象的でした。KYCでは、高所作業等における作業床となる足場や「もの」を搬送するための装置であるコンベアなど普段は見ることはないけど、実は私たちの暮らしを支えてくれているんだなと知りました。そして、入社後の研修では事務研修・現場研修などたくさん体験させていただいています。また、優しい先輩社員に囲まれての研修なので、すごく有意義な時間を過ごしています。研修内容もしっかりしていて、資格取得にもチャレンジしやすい環境ですよ。
cv_rakuraku_thumb

第二製造部 産機グループ

(入社年:2013年)
私の主な仕事内容としては、現場作業員の作業内容の確認と管理や製品を製作する為に必要な部品・道具の手配等です。現場での仕事の流れをよりスムーズに、かつ効率的に進められるようサポートする事が非常に大切な仕事です。「日々、改善出来る事はないか!?」と考えながら仕事をしています。
KYCでは、上司や先輩の丁寧なフォローの中で自らが成長していけます。配属された頃は右も左も分からない状況でしたが、仕事内容について丁寧に教えて下さいました。また、何かミスがあった場合でも「どこが間違っているのか」「次からどのようにすればいいのか」「他にどのような注意点があるか」など、優しく丁寧に教えて頂きました。
plant_ua_main

大阪支社 プラント営業課

(入社年:2014年)
プラント営業課に所属しています。主な仕事内容は、生コンクリートプラントに関わる設備機械の販売です。生コンクリートプラントの営業は製品の特性上、販売促進をしたからといって、すぐに売れるものではありませんが金額の大きい30年近く使っていただける商品を売ることに「やりがい」を感じています。私が感じるKYCの特徴として「自分で考え行動できる」ということがあります。なにかマニュアルがあり、その通りに行動するというより、自ら考え行動できる環境がKYCにはあると思います。
DSC0492

第二製造部 加工グループ

(入社年:2010年)
現在の仕事は、製造業務処理、加工品検査、在庫管理などの管理業務を主に行っています。工場内の加工現場で働いており、実際に加工品や製品に直接触れることができるので「ものづくり」を一番近くで感じられる環境です。時には、大学時代に学んだCADを使用し図面を書く事もあれば、測定器のノギス、マイクロメーターを使用し加工品の検査なども行います。図面と加工品を実際に比較しながら、各加工工程を順番に見ていくことができるので、「ものづくり」を”肌”で感じることができる仕事です。どんなときでも視野を広く持って、その中から”自分なりの答えを導き出すこと”を大切に思い日々働いています。
staff_voice_img1

第一技術部 産機設計課

(入社年:2007年)
私は、主にベルトコンベヤの設計の仕事をしています。仕事の内容は、コンベヤ全体の図面・配置図の作成、また製品を作るための部品図の作成を行っています。図面の作成には主に2DCADを使用していますが、お客様などへの説明用資料などには3DCADを使用しています。自分が設計したものが実際に制作され、また稼働しているところを現場で見たときは嬉しく感じました。特に、大きな物件や仕様が前例のない特殊な物件をやり遂げた後には、達成感を感じる事ができました。
mebius_spec1

第二技術部 プラント設計課

(入社年:2012年)
プラントの設計が私の仕事です。プラントの設計では、配置図を考えたり、ミキサや各設備機器などを設計し、資材で必要な部材を購入してもらう為に購入仕様書、購買要求リスト(お買い物リスト)を作成する仕事をしています。最近では、3DCADで会議やお客様へのプレゼン使用としてのミキサを書いたり、さらに良い製品にする為にパドル部分の形状を考え、実際に3DCADで図面化したりもしています。難しい事はたくさんありますが、やはり図面に描いたものが実際に目の前に現れて稼動した時には、喜びを感じ、スケールの大きさには面白さを感じています。私たちが設計した特殊物件が納入後に問題なく稼働しているのを見たときに喜びを感じます。